プロ家庭教師、都会と地方の差

プロ家庭教師、都会と地方の差

プロ家庭教師を雇う、なんて結構都会の出来事のお話に聞こえますが、地方でも結構プロ家庭教師はいるんですよ!今お願いしているところがイマイチだな~ってお母さんは是非チェックしてください。

プロ家庭教師の、都会と地方での料金差

プロ家庭教師の、都会と地方での料金差は確かに大きいと言えます。
ただ、家庭教師に支払われる金額に大差はありません。
経営陣の利益が、都会では大きいということです。
オフィス代金が反映されている面はありますが、料金が高い理由の大半は、経営陣が、家庭からの依頼が見込める料金で、最も高い値段にしているということです。
家庭教師の受け取る金額は、どこの家庭教師派遣業者であっても同じようなものですし、都会と地方でも差はほとんどありません。
都会には、高い料金でも依頼する家庭が多いということに尽きます。
それ故に生じている料金差です。
地方のプロ家庭教師は、地方出身であることが多く、幼い頃から都会出身者に比べてそれほど教育熱の高くない環境下で、塾にも通わず家庭教師もつけず、難関大学に合格したわけですから、地頭と呼ばれるものはかえって良い傾向があります。
地方のプロ家庭教師料金は都会に比べて安いわけですから、費用対効果は高いと言えるでしょう。
もっとも、家庭教師に必要なのは、地頭と呼ばれるものだけではありません。
何よりも大事なのは、子どもとの相性です。
一流大学を目指して、都市部の予備校や塾に飛行機で通う例などもありますが、決して都市部にある予備校や塾が効果を上げやすいということはありません。
有名なスター講師がいる場合、そうした講師なら、確かに優秀で生徒の学力を大幅に上げる力はあるかもしれませんが、現在はインターネット配信で、そうした優れた授業を視聴できるようになっています。
スター講師と言われる講師以外の質は、地方でも都会でも大差ありません。
プロ家庭教師ならなおさらです。
家庭教師の料金と家庭教師の質には、何の相関関係もないのです。

プロ家庭教師の契約はローン契約もある

プロ家庭教師のローン契約を勧める派遣業者もありますが、一番いいのは、後払いとしている派遣業者を選ぶことでしょう。
授業を受けた分だけを、後から支払うシステムにしている派遣業者もあります。
そうしたシステムは、派遣業者にとってリスクがありますので、採用している業者は多くはありません。
しかし、そうしたシステムでもやっていけるほど、人気があるということでもあります。
ローン契約をすると、プロ家庭教師と合わず、あるいは効果が得られずにやめたくなっても、なかなかやめられなくなります。
やめづらい制度にしているところは、それだけ自信がないところと言えます。
申し込んできた顧客を囲いこまなければ経営が危ないところ、または貪欲なところです。
なるべくならローン契約をしなくても利用できる派遣業者を選んだほうが無難です。
プロの家庭教師は、数多くの派遣業者に登録していますので、どこの派遣業者を選んだとしても、家庭教師の質に変わりはありません。
ローン契約をする利点は、家庭側にはまったくありません。
授業料を毎月後払いするというのが、最も家庭にとって利用しやすい方法です。
ローン契約をしたからと言って、解約できないわけではまったくありませんが、解約しづらくはなります。
手続きが面倒になるからです。
家庭教師契約は、どんなに長期の契約を結んだとしても、止めたいときにいつでもやめられます。
期間が2か月を超え、金額も5万円を超える契約なら、法律で解約する権利は保証されているので心配はいりません。
であるにも関わらず、ローン契約システムとしていることに、注意を払う必要があります。
派遣業者は数多くあります。
フレキシブルな対応がしやすい契約ができる業者ほど、良心的であるのは間違いありません。

月謝の支払い方は雇うプロ家庭教師により違う

子供の成績がなかなか上がらないとこのままでは志望校に合格出来ないのではないかと心配になりますが、両親としては子供のために出来る限りのことをしたいと思うのは当然のことです。
そのため塾や予備校に子供を通わせることになりますが、それだと集中して勉強出来ない子供もいるのでその場合には家庭教師を付けることになります。
ただセンターを通して教師を派遣してもらうとなると余計にお金がかかるので、今ではインターネットを利用して家庭教師と個人契約を結んでいる家庭が増えています。
その中でもこの仕事で生活をしているプロ家庭教師は指導力があり教え方が上手いのが普通なので、そういった人に子供の指導を依頼する両親も沢山います。
この場合に問題になるのは月謝の支払い方で、この方法は雇うプロ家庭教師によって違って来るので注意する必要があります。
ただ大半のプロ家庭教師は月末締めで月謝をもらうのが普通なのですが、中には10日締めにしたり20締めにしたりする教師もいます。
その場合にはそれほど気にしないのであればプロ家庭教師の言う通りにするのが良いのですが、中途半端な日を締日にすると分からなくなってしまうこともあります。
ですから月末締めにして欲しければ、そのことを強く主張してその通りにしてもらった方が良いです。
またプロ家庭教師の中には子供のいる前でお金をもらうのを嫌がる人もいて、月謝袋ではなく銀行口座に振り込んで欲しいと言って来る場合もあります。
この時もそれが苦でなければ良いのですが、あまりに面倒だと思ったら子供のいないところで渡すので手渡しにして欲しいとはっきりと伝えるようにすることが大切です。
何れにしても個人契約となると月謝の支払いについてはプロ家庭教師によって違って来る場合が多いので、出来るだけ早くこのことについて解決するようによく話し合うことが重要です。