プロ家庭教師、都会と地方の差

プロ家庭教師を雇う、なんて結構都会の出来事のお話に聞こえますが、地方でも結構プロ家庭教師はいるんですよ!今お願いしているところがイマイチだな~ってお母さんは是非チェックしてください。

2016年12月の記事一覧

プロ家庭教師の求人から生徒のブレーン的存在へ

プロ家庭教師の役割とはなんでしょうか。
そもそも家庭教師は、大学生がアルバイトなどで申し込みを受け、小・中・高校生に勉強を教えるのが主な仕事です。
短期的にお金を稼げるだけでなく、ある程度の学力があれば比較的簡単なお仕事だといえます。

では、プロ家庭教師とはなんでしょう。
プロ家庭教師とは、通常のアルバイト家庭教師に求められるプロ意識を持っている人というのとは少し違います。
専門的な分野を極め、条件が厳しい生徒にも柔軟に対応ができるほどの能力を持った、社員のことなのです。

なので、プロ家庭教師の求人募集というのは、生半可にアルバイトで終了するような存在を募集しているのではありません。
あくまで仕事として・生業として業務を行います。
そうした中で目指すのは、授業のクオリティを上げることによって、生徒にとって身近なブレーン的存在になることなのではないでしょうか。

ブレーンは同じ物事を一緒に考え、本人よりも1歩、2歩進んだ見地からアドバイスや答えを提供します。生徒と同じ目線で勉強を進めるのはあり得ないことですが、生徒に気軽に相談ができ、勉強上での悩みを解決してあげることができるのも、ブレーンとしての大きな役割です。
その役割を達成するために、日々の研鑽を欠かさないようにしなければなりませんが、それは仕事時間には反映されないいわゆる「サービス」に近い部分です。
しかし、授業の効率とクオリティを上げるためにたゆまぬ努力を続けるというのは非常に難しく、また、給料にも直接には反映されないためにモチベーションもついてこないのです。
しかし、プロ家庭教師として、生徒のブレーン的存在となり成績向上を目指していくためには、そういった影の努力が必要不可欠なのです。

続きを読む