プロ家庭教師、都会と地方の差

プロ家庭教師を雇う、なんて結構都会の出来事のお話に聞こえますが、地方でも結構プロ家庭教師はいるんですよ!今お願いしているところがイマイチだな~ってお母さんは是非チェックしてください。

2017年03月の記事一覧

プロ家庭教師はパートナー!地図記号の暗記等も相談!

 プロ家庭教師は、一般的に幼い頃から勉強が得意で、難関大学を卒業していることが多いです。
家庭教師に望むことは、保護者によって違いがあります。
子どもの心を開いて仲良くやってくれること、難関大学に一般入試で合格できるような学力をつけてくれること、などさまざまです。
子どもの良き相談相手となると、年の近い学生アルバイトが向いているという面もあるでしょう。
大学名や大学入試の方法も気にする必要はなく、子どもとの相性と好感度で決めても差し障りはないかもしれません。
しかし、着実に学力アップさせるためには、しかも難関大学に筆記試験で通るような学力を身につけさせるには、実際に難関大学に一般入試で合格した実績のある家庭教師にすることです。

 家庭教師は学習全般のパートナーとなります。
地図記号の暗記方法から、計算方法、応用問題の解き方まですべてに渡って的確に指導できるようでなくてはなりません。
自分が理解したことのないことを、人に説明するのは無理です。
そのため、出身大学を見るのは不可欠なことです。
入試方法も大事です。
AO入試や帰国子女枠で入った家庭教師で良しとするかどうかは、我が子にどういう学力を望むかで決まるでしょう。
一般入試で合格できるような学力を身につけさせることができるのは、自分も一般入試で合格した家庭教師です。
家庭教師を選ぶ場合は、入試方法も尋ねることです。
聞かれて嫌がるような教師なら、慎重に検討すべきです。
一般入試で入った家庭教師なら、大喜びで答えるでしょう。
大学は、入ってしまえば卒業までの試験は、比較的通りやすい面があります。
厳しいのは英語と第二外国語の試験くらいでしょう。
学力を測る物差しは、大学入試です。

続きを読む